公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構は、年金制度と年金資金運用および年金生活に関する専門研究機関です

「年金と経済」


「年金と経済」
年4回発行
A4判100~200ページ
定価1,800円 (年間購読 7,000円)

「年金と経済」は、年金制度と年金資金運用の研究論文誌です。

年金制度の発展・向上に向けて熟慮した将来論、将来につながる現状評価論等を高いクオリティ を維持しながら掲載したものです。各論文執筆者の年金への考え方が多様であることを生かしながら、将来に向けて年金問題を積極的に論じていく雑誌です。

各号ごとに組まれた特集は多角的に論じられているため、時には論争の場としての役割を果たすこともあり興味深く読んでいただけることと思います。

年金を勉強しはじめた方、年金研究を相当に深めた方のいずれの方々にとっても国民生活、経済の基盤である年金問題を考える道しるべの役割を果たすものと思います。

編集委員長に年金シニアプラン総合研究機構研究主幹/一橋大学名誉教授 高山憲之氏が就任し、精鋭13名の編集委員により編集しております。

「年金と経済」最新号(直近3号)のご案内

年金と経済(2017.10)
Vol.36 No.3
年金と経済(2017.07)
Vol.36 No.2
年金と経済(2017.04)
Vol.36 No.1
≪特集≫退職金の最近の動向と老後資金 ≪特集≫確定拠出年金の新展開 ≪特集≫マイナス金利下の年金運用と国家財政
  • 退職金の動向
  • 退職給付制度の現状と課題
  • 老後生活資金の形成と保有における金融行政の課題
  • 老後資金を可視化する長期家計プラン(キャッシュフロー表)作成
    ~老後の不安を解消し夢や希望を叶えるために~
[巻頭言]
高齢化社会と雇用の未来
[新しい日本の将来推計人口(平成29年推計)について]
[平成29年度 年金シニアプランフォーラム]
サラリーマンの生活意識は変わったか?
~「第6回サラリーマンの生活と生きがいに関する調査」結果を踏まえて~
  • 個人型DC(iDeCo)普及推進の現状と課題
  • 確定拠出年金の運用の改善に向けて
  • 確定拠出年金制度における投資信託商品の変遷
  • 諸外国のDCデフォルト・ファンドをめぐる動向と日本への示唆
  • 実質価値の維持に着目したデフォルト商品選定について
[巻頭言]
新たなステージを迎える確定拠出金年金
[調査研究シリーズ]
一般国民に対するESG投資に関するアンケート調査結果について
[山口新一郎賞授賞式]
  • 日本銀行の金融政策:回顧と今後の展望
  • 超低金利環境の継続と年金のあり方への示唆
  • 非リカーディアン型政府の下で財政従属に陥る可能性
  • 低成長時代の年金ポートフォリオ
  • ファイナンス理論からみたQQE・マイナス金利下の年金運用
[巻頭言]
改めて株式リスクプレミアムを考える
[年金資産運用セミナー]
次世代の年金資産運用・リスク管理戦略の展望
  • 講演①「海外年金ファンドに見るリスク管理のイノベーションとトレンド -デリバティブ活用を含むリスク管理の現状と課題-」
  • 講演②「リスクの捉え方と対応策」
  • パネルディスカッション
過去の年金と経済の目次は「研究検索(一般)」ページよりご覧いただけます。
【検索方法】
  1. カテゴリー検索で「年金と経済」を選択
  2. 研究年度で「すべて」を選択

バックナンバー

「年金と経済」投稿申し込み

購読申し込み

購読申込(バックナンバーのご注文)は、購読申込書にご記入のうえ、下記あてFAXにてご連絡ください。

公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構
〒108-0074
東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル4F(総務企画部)
TEL 03-5793-9411
FAX 03-5793-9413

TOPへ戻る